Blog

アートとエンターテイメントの違いについて(抜粋)

2012.09.04槇島 藍
現代美術作家の祐成政徳さんという方を勝手に心から尊敬しているのですが、2009年に発行されたトークスクエアという小冊子(社内誌なのかな?詳しくなくてすみません)でインタビューをうけていて、最後のアートとエンターテイメントの違いについて、本当に、この方の言葉は自分の心や身体のコアの部分にするするはいってくので、抜粋します。無認可で恐れ多い、、、あんまり見る人のいない自由帳なのでお許しくださいませ。

(以下、抜粋)

以前、僕はアートとエンターテインメントの違いを考えたことがあります。何だと思いますか? 例えばエンターテインメントを代表するスピルバーグの映画。それは「ジェットコースタームービー」なんて評されます。映画館のいすに座っているのに、まるでジェットコースターに乗っているみたいにハラハラする。そこには、スクリーンの側、作り手の側から一方的にベクトルが向けられ、観客はそれをただ受け入れている状態です。でも、アートではそのベクトルが相互方向を向いているのだと思います。もしかすると、作品がこちらを向いてくれないかもしれないし、指されていても気がつかないかもしれない。そこで鑑賞者が歩み寄ることによって、作品の内容が広がってくるんです。
アートはよく小難しい、つまらないなんて敬遠されますが、そこを一歩踏み込んで、見ているあなた自身も関与できるからこそ面白いと思うんです。作品と鑑賞者の間に関係が生まれ、それが作品となる。つまり、スピルバーグの映画のどこにもあなたはいないけれど、アートにはあなたがいる。いい作品には、間口があります。開かれていて、そこに入っていったときにあなたとの関係性を見出す可能性をもっている。そうやって鑑賞者と作品の関係を閉じていないことが美術作品の条件だと思います。

本文テキストここから。
→http://www.nsc.co.jp/monthly/pdf/2009_7_190_07_10.pdf

アトリエにて

2012.09.02槇島 藍

275.JPG

今日はフリーペーパーエリトアさんの取材でいちにちアトリエにいました。
机まわりをこれでも片づけたんだけど。。
じつはもさもさ~としたあれやこれが机下に、ある。

アトリエ会議

2012.08.31槇島 藍
今年の11月3日、4日に開催する石田倉庫オープンアトリエの全体会議、
いやはや、今日はすごいボリュームの話し合いでした。

なんだかんだで夜の12時になってしまい

ひゃー となってます。明日起きれるだろうか。。。

日々のらくがき(いましめメモ)

2012.08.30槇島 藍

冷蔵庫にはってある・・・

img002.jpg


ドア前にはってある・・・

img003.jpg


貼ったところでおよそ、、、守れてないです。。。

ドローイング(水彩)

2012.08.29槇島 藍

img002 (2).jpg

夏好きとしては、夏がそろそろ終わってしまうのが、

ほんとうにほんとうに、さびしい。

ドローイング(鉛筆)

2012.08.28槇島 藍

img002.jpg

しらなかった・・・

2012.08.27槇島 藍
プリンタとパソコンを結ぶUSBケーブルが別売りだったなんて。

明日買ってきます・・・。とほほ。実際ものをしらなすぎだ、私よ。

俺のチョコミント

2012.08.25槇島 藍

アイスが好物なんて小学生みたいですが、いまだ好きなものは好きで困ったもんです。
なにしろ夏は冷たさにいやされるし、冬も秋も春もオールシーズン、いけます。

ひとりぐらしで食費もすべて自分になって、調子にのって食べ過ぎると食費もかかるし、今日はかえりにアイス食べてかえろ~って誘われて、涙をのんでことわりました。

駅の手前のコンビニに売ってる「俺のチョコミントパフェ」とさえきスーパーの「得盛りしろくま」を何回も眺めては、数分間、口をあけながら佇んでしまう日々・・・

制作について

2012.08.24槇島 藍

お引っ越しして、毎日冒険してるような時間がすぎて、ネットがやっと開通しました。
もう処暑で夏が終わって秋になるなんて。信じらんない・・・

制作について、この夏の「マテリアルとはなんぞや?」の課題について、なんとなーーーくのもんやりしたとこから、いまだ言語化できないけど、「こういうことじゃないか、なぁ」の見当がつけられそうです。ものすごく時間がたたないとことばで考えること、できなさそう、、、なので続行して考えつつ手を動かします。

ものつくりをしている人は、自分以外のものつくりの展覧会や展示会にしばしば足を運ぶと
思われますが、素晴らしいしごと、うつくしいわざ、には、エネルギーがあって人の組成を変えるのだと思う。

しんしんとがんばりたいと思います。

きゃー

2012.07.31槇島 藍
悲鳴です。。お引っ越しの荷造りがおわらなーーーい。

昼間は暑さに勝てなくて、夜はオリンピックのゆうわくに勝てないです。

・・・これからすべてのお引っ越し経験者を尊敬します。