Blog

ありゃりゃりゃ・・

2012.12.07槇島 藍
HPのトップの広告が消せない!のと、へんになっちゃてます。
すみません!!ただいま努力中・・・

お祭りのあと

2012.11.25槇島 藍
御無沙汰しておりました。石田倉庫祭が終わって、興奮状態を切り替えできずにぬぼーっとしてました。
もう三週間くらいたってる!?うわーて感じです。

お祭りのあと、片づけ打ち上げあれやこれや、外側的にわーわーとあったのですが、それが自分のおばちゃんっぽい性格上、あんがい楽しくて、
内側的に「しん」とした気持ちを取り戻すのに、時間がかかったようです。

さてとさてと、仕切りなおしてたくさん制作していきたい。
掲載して頂いたエリトアに1文を載せているのですが、おおきな地震があって、巨大な容器のなかでローラーでつぶされてコンクリ詰めされるような気持ち(言葉にすると、変・・・)になったあの瞬間は、自分の表現でどのようにしてかえっていくのか、またはつぶれてない、つぶれた、なにかをとり戻せるのか。しっかりみてみたいと思ってます。

寒いけど風邪ひかないように。

あたま屋御礼!!

2012.11.05槇島 藍

石田倉庫のアートな2日間赤ビルでおおくりする「あたま屋」無事に閉店しました!!

みにきてくれたかたも、残念ながら都合あわずでみにこれなかったかたも

どうもありがとうございました。感謝御礼申し上げます。
039.JPG040.JPG

あたま屋オープン!!

2012.11.04槇島 藍

前日のすごくすごくピンチ作業を終えてついにオープン!!
「あたま屋」とはあわづゆき・たけしたちひろ・まきしまあい(私だ)のおおくりする石田倉庫アートな2日間限定の雑貨屋さんです。

なにしろ初日、あっとゆうまに終わってしまいました。明日あと1日だけだなんて信じらんない!!日曜日もお待ちしておりま~す。

017.JPG059.JPG061.JPG072.JPG066.JPG063.JPG060.JPG

けつカッチンです。

2012.11.02槇島 藍
アトリエ祭の準備おおわらわ~です。右に左にわたわたしてます。

今日は友達がふいっとあらわれて天使のように作業を手伝ってくれました。

明日は前日。もっともっと、もっとつくりたい。

お祭りまで、あとちょっと。

2012.10.29槇島 藍

453.JPG435.JPG438.JPG397.JPG407.JPG410.JPG457.JPG

あたま屋ロゴ

2012.10.24槇島 藍

あたま屋とは・・・「あ」わづ、「た」けした、「ま」きしまの三人でやるお店の名前です。赤ビル2階で展示と販売をやります。

img014.jpg

ササっと自分がクロッキー帳に落書きした小さいあたまちゃん。
なんと、お店のロゴになりました。しかも、たけしさんがハンコをつくってくれました。
うれし~、かわい~!!


おまつり準備、佳境

2012.10.22槇島 藍
お祭りにむけて絶賛準備中です。まだほんのりすきまがある・・かな?いや、ないか。

秋晴れの日曜にアトリエの窓をあけて、どこにも行かないで、絵の具を塗ったり、削ったり、チラシを送るめどをつけたり、コンビニでほかのメンバーにあって「進んでる?やばいよね~」とか言い合ったり。夜おそくにまだ居残って、コーヒー淹れて、飲んで、話をしたり。ずっと学生でいるみたいな気分になる。

お祭りで、私のいる赤ビルでは「あたま屋」という展示兼雑貨販売をやります。よろしければ、遊びにいらしてください。

連休中

2012.10.09槇島 藍

絵を置いている倉庫の片づけをして、たる木を大量にアトリエに持ってきてしまってちょっと途方にくれてます。しかし、分ければ資源!気合いで分別せねば。

またも、お祭りの会議をしていました。会議のたびに、こんな感じでやってるよ~、の雰囲気を写真に撮ろうと試みるのですが、話し合いや、やりとりについてくのに自分は必死で、、。

img013.jpg


で、思い出す限り、、雰囲気こんな感じです。わーわーしてる。

第9回目石田倉庫のアートな二日間!!

2012.10.03槇島 藍

11月3日、4日のアトリエのお祭りのチラシが赤ビルのゆきちゃんと
NO.5のくりさんのタッグにより完成しました。

どーーんと表紙。
img009.jpg


そしてなかをひらくと・・・・

ばばーーーん。。とメンバー紹介。
img010.jpg


そしてイベントなどなど。じゃじゃーーん。
img011.jpg

盛りだくさんで、お届けしております。ぜひみなさま、当日足をおはこびくださーい。じょじょにお祭りネタが増える、、というか、そればかりになるかもしれないです。
うーーむ。ま、よしとしよう。。。
アトリエ内のあれやこれや、なんだか面白い出来事や人々もお伝えできたらば、と思います。